あいおいニッセイ同和損保・三井住友海上あいおい生命・日本生命代理店
  1. ご契約のお客様へ

ご契約のお客様へ

6/1道路交通法改定で自転車の取締りが強化                     

平成27年6月1日より、自転車運転中に2回以上の危険なルール違反をした場合は受講命令措置となり、自転車運転者講習の受講が義務づけられます。(14歳以上対象)

例えば「信号無視」「一時不停止」「遮断踏切立ち入り」「酒酔い運転」など、以下の14項目の違反がこれに該当します。


@信号無視  A通行禁止違反 B歩行者用道路徐行違反 C通行区分違反

D路側帯通行時の歩行者通行妨害 E遮断踏切立入り

F交差点安全進行義務違反等 G交差点優先車妨害等

H環状交差点の安全進行義務違反  I指定場所一時不停止等 

J歩道通行時の通行方法違反 Kブレーキ不良自転車運転 L酒酔い運転 

M安全運転義務違反

これらの違反を3年以内に2回以上した場合該当。受講しなかった場合には、 罰金刑が適用。

 先日の、春の交通安全運動期間中には、弊社事務所の近所でも 警察官や交通指導員が、自転車ルール違反者への指導を積極的に行っていたのが印象的でした。この機会に、自転車に乗る方は改めて、どういう事が違反で、正しい方法がどうなのかを確認する 必要がありそうです。

私小室もその昔の昔、「自転車で傘をさしながら、鳴り始めた踏切をくぐり抜け」「今日は飲み会だから自転車で♪」

という記憶があるような・・・今ではご法度ですよね(笑)

また、最近では自転車に対する事故時の責任を重く見る傾向にあり、「自転車の保険加入義務」が条例化される事になった地域もあります。

相手にケガを負わせた場合の損害賠償については、個人賠償責任保険で補償されます。

 

*自転車事故に備える保険は月々660円からご用意しております。個人賠償責任のみ必要な場合自動車保険や火災保険に

 特約の追加をすればOK。これもわずかなご負担ですみます。

 


こんな保険をお取り扱いしています(個人向けの例)

 

自動車保険・・・・・自動車事故によって、運転者や同乗者や他人をケガさせたとき、他人の車や建物などの物的損害、

          お車の損害を補償するもの

 

火災保険・・・・・・火災や自然災害、水濡れや盗難の被害を補償するもの

 

傷害保険・・・・・・偶然な事故によってケガをしたときに、補償するもの

賠償責任保険・・・・自動車以外での事故によって、他人の身体や財物に対して、法律上負担するべき

          損害を補償するもの

生命保険・・・・・・病気や災害、事故によって死亡した場合に必要となる葬祭費や、家族(遺族)の

          生活費等に備えるもの

医療保険・・・・・・病気や災害、事故によって入通院をした場合と、その治療のため一時的に必要となる

          費用に備えるもの

年金保険・・・・・・老後の生活費等のため、お金を蓄えてゆくためのもの

ペット保険・・・・・ペットの病気やケガで必要となる、動物病院に支払う費用を補償するもの


火災保険、「水災」はついていますか?

 

ここ数年、局地的な大雨で大災害が起きるケースが増えています。

台風は大型化し、また急激な気温上昇による“ゲリラ豪雨”が起こったり・・・

まだ記憶に新しい、昨年の広島県での土砂災害。誰もが想定し得なかった大きな災害となったわけですが、

このような土砂災害時に補償されるものは → 火災保険の「水災補償」です。

河川の氾濫や集中豪雨などによって、床上浸水等になった場合に保険金が支払われますが、住宅向け火災保険では、

「補償なし」が選択できます。

私達も「河川が近くにないか?」「冠水しやすい地域でないか?」という確認をし保険料をお安くなるメリットとして

ご案内しますが、この広島の災害によって、水災の危険というものはそれだけでない、という事を改めて認識させられ

ました。

“経験したことのない災害”という言葉を耳にする機会が多くみられます。

いざという時しっかり役立つよう、備えておきたいものです。




●災害と補償の関係●

 土砂崩れ・地すべり・高潮→ 台風・豪雨等によるものであれば水災で補償

 津 波         → 地震保険に加入している場合に補償(水災では補償されない)

 

●災害の定義●                     *辞書より抜粋

 土砂崩れ→ 傾斜地等による土砂が、地震や豪雨等によって急激に崩れ落ちること

 地すべり→ 傾斜地の地表が、徐々に下方に移動する現象

 高 潮 → 台風通過による強風や気圧の変化により、海水面が異常に高まる現象

 津 波 → 地震や海底火山の噴火などによって生じる、非常に波長の長い波

   *土砂崩れと地すべりは、原因が異なるわけではなく、現象自体が異なる

 

           

生命保険や医療保険、よくご理解されていますか?

 

自動車保険や火災保険は満期の都度、内容を確認したり、見直しをする機会がありますが、一度加入すると、

ずっとそのままとなるケースが殆どの生命 保険や医療保険。

特に医療保険ではここ最近、各保険会社が次々と新しいものを発売し、過去の保険では実現できなかったことが、

保障の面でも保険料の面でも可能となったりしています。例えば・・・

 

 

 ○先進医療に対応している ○保険料はずっと上がらず、終身保障される

 ○三大疾病のとき、保険料払込が免除となる ○掛捨て型にする事で、月々のご負担を

      大幅に軽減

 

 

一方、死亡保障を主にした生命保険については、次のような問題が見つかり

「もっと早く見直しをしておけば良かった」となるケースもよく見られます。

 

 

 ○更新後に保険料が大きく上がる事を知らなかった

 ○65歳以上も保障を継続するには、一括してまとめてお金を払わないといけなかった

 ○よく知らない特約がついていた

 ○急にお金が必要となって解約をしようとしたが、返戻金が思いのほか少なかった。

 

 

場合によってはちょっとした“事件”です。私達も普段、お客様より生命保険のご相談を頂いた際

「えっ、それを知らずにご加入されていたんですか?」と冷や汗をかく事もあります。

実は身近な存在でありながら、よく認識されていないことが多いのも、保険。

お金を長く払い続ける訳ですから、いざという時「こんなハズではなかった」とならないよう注意したいですね。




   弊社よりご加入のお客様の「これ、どんな保険だったっけ?」というご質問やご相談も、

   他の保険会社や代理店でご加入済みの保険の“診断・解説”についても承っております。

   思いついたらいつでもご一報ください。


株式会社 宮城野総合保険事務所

  ☎ 022-223-0444

 仙台市青葉区宮町3丁目7−39

      営業時間:9:00〜18:00

事故発生時は時間外も対応いたします


ご相談・お問い合わせ